HOME事業案内安全への取り組み
安全への取り組み

運輸安全マネジメントへの取り組み

株式会社東海サービスは、輸送の安全運転への意識の向上を徹底させるためにも輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、運輸安全マネジメントに取り組む。

1.当社の事故防止の為の「安全方針」

・経営者から従業員まで会社一丸となって、人の命を尊び、社会的モラルの高い安全第一主義を提唱する。
・物流とは、信頼と安心を創る創造業である。

2.社内への周知方法

・「安全方針」を従業員への配布(日報バインダー等)により常時携帯させる。
・本社内および営業所内に掲示する。
・乗務員面談等実施により再認識する。

3.安全方針に基づく「目標」

・平成30年度の安全目標
① 自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0件
② 人身事故 0件
③ 軽微な事故(自損・逆突・衝突・追突) 6件以下

4.目標達成のための計画

・安全会議の定例開催(毎月一回)
・事故発生後の情報公開および再発防止策の検討(随時)

5.当社における安全に関する情報交換方法

・運転者との輸送の安全に関する意見交換会を定期開催する。(2ヵ月1回程度)

6.当社の安全に関する取り組み総括と改善

・平成31年3月に内部監査を実施し、結果を社内及び営業所に掲示する。
・内部チェックにより把握した問題点及び改善事項を社内および営業所に掲示するとともに順次改善にとりくむ。

7.平成29年度の「当社の安全方針に基づく目標」達成状況

項目 目標値 達成状況
自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0件 0件
軽微事故 8件以下 7件
自損 3件 追突 1件
逆突 2件 衝突 1件
安全に関する目標達成状況

アルコールチェッカーで飲酒運転の根絶

当社では、コンプライアンス・安全管理体制を強化するため、出庫前・帰庫後の対面点呼と同時にアルコールチェックを実施し、ドライバーの体調管理しております。
また、対面点呼ができない場合に備えて、携帯型のアルコール検知器も備えています。
アルコール検知器が常に正常に機能するための保守管理も徹底してとり行っております。
当社では、コンプライアンス・安全管理体制を強化するため、出庫前・帰庫後の対面点呼と同時にアルコールチェックを実施し、ドライバーの体調管理しております。

デジタルタコグラフの設置

全車両にデジタルタコグラフを設置し、運転状況の把握・記録。安全の向上へとつなげています。
各車両ごとにGPSによる位置情報の把握、ガソリン・エンジンの使用状況、速度測定、庫内の温度など車両状態のさまざまなデータをリアルタイムで取得できます。
センターから輸送中車両の温度管理、安全管理をリアルタイムに行うことができ、ドライバーは無操作で運行が可能なため、安全運転に専念できます。
全車両にデジタルタコグラフを設置し、運転状況の把握・記録。安全の向上へとつなげています。

車両整備

車両が常に安全に運行できるように、整備士が常駐し、点検・整備・修理などを行っています。

・CO2排出削減等、社会環境に配慮したハイブリッド車の導入取り組み。
・クリンリネスによる業務環境改善の取り組み。(洗車・清掃・庫内消毒)
・社会環境、業務環境の劣化防止の取り組み。(車輌点検・整備)
車両が常に安全に運行できるように、整備士が常駐し、点検・整備・修理などを行っています。

ミーティングの実施

2ヶ月に一度、乗務員によるミーティングを行います。
デジタルタコグラフにて集計した燃費・速度・走行距離などどのデータの分析・報告から、意見の交換や情報の共有などを行います。
また、問題点や課題かある場合には全員で話し合い、解決策、改善策を探ります。
ドライバー全体の意思の統一、コミュニケーションをとることによるさらなる業務の円滑化を図ります。
2ヶ月に一度、乗務員によるミーティングを行います。

教育研修

新入社員のための独立行政法人自動車事故対策機構の「NASVAネット」を導入し、運転者適正診断を行なうことで育成に勤めています。
新人ドライバー教育体系に沿った研修、東海サービス改善運動(TKZ運動)を通じた研修など安全運転への意識を高めるための研修を行っております。
また、毎月1回社内より安全標語を募集して、安全意識の向上を図っています。

外部で行われる各種研修会への参加も積極的におこなっております。
・トラック協会主催の行事への参加。(セーフティラリー等)
・中交協主催の研修会への参加。(追突防止研究会等)
新入社員のための独立行政法人自動車事故対策機構の「NASVAネット」を導入し、運転者適正診断を行なうことで育成に勤めています。